生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える

生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える バーベキューで良く作る料理に焼きそばがあります。この時には肉も使いますし野菜も使います。外で調理したりするのでいつも料理を作るときとはやり方も異なるかもしれません。この時には野菜も肉もその他の食材もすべて同じまな板、同じ包丁などを使うでしょう。肉についている細菌などが包丁に付き、まな板などに就いていればそれらが別の食材につくことがあります。

すべて加熱するなら加熱により死滅する細菌を原因として食中毒になる可能性は少なくなります。しかしフルーツ、サラダなど生で食べるものだと細菌がそのままになります。日ごろの生活で考えたいのは洗いと分けるです。肉類を調理するときは肉類のみを行います。そしてそのあとに別の食材を調理するなら包丁やまな板を変える、それでなければきっちり洗う、消毒することが必要です。

肉専用の包丁、まな板を使えばそのあとに別の食材に移ることはありません。野菜専用のものを使うのも同様です。加熱するから、生で食べるからで分けるときちんと分けられないことがあります。どちらも料理をするときには非常に面倒になります。でもこの手間をかけることで食中毒を抑えられる場合があります。菌があったとしてもそれを少なくできるので、食中毒になっても症状はあまり大きくなりません。

関連リンク

Copyright (C)2019生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える.All rights reserved.